検索

明けましておめでとうございます

新年あけましておめでとうございます。 今年は少し落ち着いて仕事ができれば、と思っています。 そこから新しい展開になれば良いのですが。 今年もよろしくお願いします。

杉村徹 木工展と北欧の優れもの

10月18日((木)から、神戸のトアロード・リビングス・ギャラリーで展示をします。 今回は、北欧の美しい毛布や雑貨と取り合わせた展示になります。 2018.10.18(木)〜28(日) 11時〜19時 (水曜日はお休み) トアロード・リビングス・ギャラリー...

杉村 徹 作品展

「銀座日々」で、個展を行います。 今年の2月に銀座の中で移転し再スタートした「銀座日々」。 ギャラリー内は、ビルの地下にあった以前の感じを残しつつ、自然光も入り少し明るい雰囲気になりました。 今回、娘 紗季子の作品も並びます。 私は21日、22日、23日 在廊します。...

個展在廊日の変更

今日から始まりました、art gallery SightSでの個展の在廊日が変更になりました。 7月29日(日)が8月5日(日)に変更です。 申し訳ありませんが、よろしくお願い致します。 今週末に台風12号が本州に上陸の恐れがあり、大雨になるという予報です。...

個展  日日に

art gallery SightSにて個展「日日に」を行います。 art gallery SightS での初めての展示です。 SightSは、愛知県西尾市の東幡豆の海に面したギャラリー。 ギャラリーの2階にあるカフェ「モリトネ」からは、東幡豆の海が望めます。...

「木のものづくり探訪 関東の木工家20人の仕事」展

昨年出版された「木のものづくり探訪 関東の木工家20人の仕事」西川栄明著(創元社)で取り上げられた、木工家20人が新宿のリビングデザインセンターOZONEで展示を行います。 一口に木工と言っても、本当に様々な表現スタイルがある、ということを実感できる展示です。...

杉村 徹 角掛 政志 二人展

4月26日(木)から和歌山県那智勝浦の「isasazicon store」で、陶芸の角掛政志さんとの2人展が始まります。 杉村 徹 角掛 政志 二人展 2018年4月26日((木)ー5月6日(日) ・5月2日(水)お休み 午前10時ー午後7時 isasazicon ...

杉村 徹 木工展 泉田 之也 陶展

3月10日(土)から、名古屋のギャラリー芽楽で、個展が始まります。 同時開催で、隣室では前回と同じく「泉田 之也 陶展  ー薄陶の行方VIー」 が行われます。 杉村 徹 木工展 2018.3.10(sat)〜25(sun) 12:00−18:00 休廊日:火・水...

杉浦史典(陶人形)+杉村徹(木工)展

今日から、愛媛県西条市のGallery陶倶楽部で、杉浦史典さんとの2人展が、始まります。 一昨日最終の荷物(器)を発送して昨日無事届いたとの連絡に、ホッとしています。 昨日は朝から、PCが起動途中で電源が落ちてしまうというトラブル。...

18人の 大鉢>小鉢展

年が明けて、もう半月が過ぎましたが、今年もよろしくお願いします。 今年は、平和な年になることを願っています。 お知らせ遅くなりましたが、今日から静岡県三島市の「iri」(イーリ)で、グループ展が始まります。 今年の展示は、ここからスタートです。...

木のものづくり探訪

お知らせが遅くなりましたが、11月10日に創元社から出版された、「木のものづくり探訪 関東の木工家20人の仕事」(西川栄明・著 渡部健五・写真)で、私も取り上げていただきました。 一口に木工といっても様々で、筆者の西川さんの読み応えのある文章と渡部さんの素晴らしい写真から、...

スタンダード そしてこれから

今日から、東京のギャラリー「陶 宙sora」で、「宙 開店20周年記念企画 vol.2 スタンダード そしてこれから」が始まりました。 これは、宙さん取り扱い作家58人が10点ずつ、定番的な作品5点とこれから新たに挑戦したいという作品5点の手のひらサイズの作品を作る、と...

「この椅子が一番」

9月14日に出版された、「この椅子が一番」。 先日の gallery comoでの加藤尚子さんとの2人展「ある部屋に」の初日に、編著者の西川栄明さんがお持ちくださいました。 「あなたが思う名作椅子ベスト20」に始まり「買ってはみたけれど、失敗したなと思った椅子」まで38項目...

登川誠仁 HOWLING WOLF

登川誠仁の1998年の「HOWLING WOLF」。タイトルは、アメリカのブルーズマン 故ハウリン・ウルフに因んでいる。なんともカッコイイ登川成人の横顔のジャケット写真は奥間聡。 登川誠仁の歌と六線(三線を改造したもの)に伴奏は、照屋林助の歌と三線、太鼓に、曲によってはエレ...

犠牲になる人たち

Nonesuch Recordsから2002年に出た、アフリカのセネガルのスーパースター、YOUSSOU N'DOUR(ユッスー・ンドゥール)の「NOTHING'S IN VAIN (COONO DU REER)」。 このアルバムのカヴァー写真(愛聴しすぎて端の方の印刷が落...

本棚の本

書棚に並ぶ本の背表紙にワクワクする。 そんな思いを刺激する、アメリカのシンガー・ソングライター ナタリー・マーチャントの「Leave Your Sleep」(2010年)のデザイン。 2枚のCDを収めるジャケットは、ハードカバーの80ページのブックレット。背表紙にアルバム・...

Childhood こどもの時間

一冊の本を売る書店「森岡書店」。 そのまま本の題名になるのでは、と思わせる魅力的な謳い文句を付けられた、昭和初期に建てられた銀座のビルの一角にある小さな書店。 今回は、「Childhood こどもの時間」展 その一冊の本、「Childhood こどもの時間」Emily R...

ダグラス・ラミスとミュージック・マガジン

写真は、C・ダグラス・ラミスの「ラディカルな日本国憲法」(1987年)晶文社(ブックデザインは平野甲賀)と「ミュージック・マガジン」の最新号。 なぜこの2冊かというと、40年程前にこの雑誌(当時はまだ「ニュー・ミュージック・マガジン」という誌名で、故中村とうよう氏が編集長)...

JOE HENRY BLOOD FROM STARS

先日書いた、コステロとアラン・トゥーサンの「THE RIVER IN REVERSE」のプロデューサー、ジョー・ヘンリーの2009年のアルバム「BLOOD FROM STARS」 「圧巻だ。圧巻。打ちのめされてしまっている。」で始まるライナーノーツ。同感!...

朽ちていく物

言葉ではその理由をうまく説明出来ないが、非常に心ひかれるものがある。 朽ちていく物朽ちた物も、そのひとつ。 写真集「OBSESSION」与田弘志(1994)、序文は武満徹。 十数年前に、書店で見かけてまさにobsession(取り憑く)された。...